更新:2016.11.20.印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

 住宅解剖論の第三弾は、これも日本初の試み、『たった一日で、事例のプラン検討+福祉用具選択+解体住宅での住宅改修』です。今までご参加頂いたみなさんから、実際の住宅改修に関わってみたい、他の先輩の手法を知りたいというご希望が多くありましたので、ではそれを実際にやってみようということを企画しました!以下のようなことを求めている皆様、お気軽にご連絡ください。
*安全性の確保のため、このセミナーは住宅解剖論 初級編を終了した方のみの参加となります。

・先輩や後輩、建築士やケアマネなど、いろんな職種の人と事例検討をしたい。


・しかも、現場で実際の住宅でやりたい。福祉用具選択や住宅改修もやりたい。


・でも、そんなことができるセミナーはどこにもない。どうすればいい?
 → それをやるのが、RehaBankなんです。

 そして、この第三弾はさらにエキサイティングになります。この度、伊東工務店さまのご紹介により、解体会社の萩原組さまのご協力を得て、解体する前の実際の住宅をご提供頂き、壁・床・天井を剥がす住宅の解剖学実習、その場で平面図を描く練習、下地を探して手すりを取り付ける実習など、超実戦的な内容のセミナーとなっています。

1. 様々な職種、キャリアをもつ参加者同士で事例検討をし、多彩な考えが学べる。


2. 限られた情報から、ベターなプランを立てられる。


3. 情報と異なる現場でも対応できる、応用力が身につく。



 このセミナーでは、実際の住宅、福祉用具、そして事例を用意します。事例は以下のように、私が今まで経験したよくある+ちょっと難しいケースを独自に想定し、その方のニーズを形にする提案をつくることを目的とします。

限られた情報で仮プラン作成

事例の状況、妻の描いた平面図、写真など限られた情報から、多職種協同で仮のプランを作成します。現場さながらの緊張感の中、多角的な視点を学びます。

必要な福祉用具をピックアップ

仮プランから必要と思う福祉用具をピックアップします。ご本人・ご家族の状況、住宅の状況を推測しながらサイズや素材、色、機能を吟味しながら選びます。



 こちらは、実際に中級で使用した集合住宅です。図面には無かった情報が満載。実際の相談でもよくあることですが、このセミナーでは相談できる仲間が大勢います。現場の状況にあわせて、多角的な視点で修正する応用力を身につけます。

選んだ福祉用具を現場に搬出。

限られた情報の中から、必要と思う福祉用具を現場に持って行きます。なんて贅沢!これもご協力頂いている事業所の皆様のおかげです。

現場は、図面以上に困難。

図面に無かった段差、思った以上に狭いスペース。想定していたプランは、大抵、修正が必要になります。




 住宅改修のプランを検討する時に、実際に工事は可能なのか、費用はどのくらいなのか確認すべき点が沢山あります。実際の現場で、伊東建築士や地域で活動している作業療法士と相談しながら、実現可能でレベルの高い住宅改修のプランをつくります。

押し入れを、トイレにする。

一見、大胆な発想に思えますが、押し入れのスペースや給排水を考えると非常に合理的です。建築を知れば、納得のプラン。

トイレを設置するための評価。

立ち上がりや方向転換、トイレ内の移動、戸の開閉など使いやすさを考えたプランを立てます。もちろん、手すりの位置も決めます。

講師  伊東 誠三 氏  Seizo Ito

「未曾有の高齢社会を目前とした現在、施設ではなく、住み慣れた地域で安心して暮らしたいと考える高齢者は今後ますます増加することが見込まれます。福祉住環境コーディネーターの知識とこれまでの実績を生かし、住環境を整え、一生活支援者としてお手伝いさせていただきます」と話す伊東誠三さん。伊東さんは伊東工務店専務取締役で、1級建築士、福祉住環境コーディネーター1級、福祉用具プランナーの資格を持ちます。(マイベストプロより引用)
バリアフリー工事は500件近くの実績。軽妙な語り口と重厚な経験の織りなすセミナーは大好評!20年以上の沢庵漬けもプロ級の腕前。



限られた情報から、プランを立てます。

必要な福祉用具を借りていきます。

押し入れにトイレを作るところです。

日常業務とは違い、シュミレーションに十分な時間をかけられたり、建築士さんと直に相談できて、とても有意義でした。


一人の考えでは偏ったものでしたが、意見交換により様々なアイデアを出すことができて、住宅改修の視野が広がりました。


「へぇ〜」「なるほど!」と思うような発想を聞けて、よい刺激になりました。


想定していたより狭かったり、図面にはない段差があったりで戸惑いました。
実際の現場に行って、実際に使う福祉用具を試して、具体的に検討ができてよかったです。


現場を確認することの大切さを改めて感じました。現状を評価して、アプローチを考えることはリハビリと同じだなと思いました。


実際の住宅で考えをすぐ実行できるので、誤りや想像と違っていたことがすぐに確認できて、貴重な経験でした。

最低限で最大効果の住環境整備

超実践研修会 住宅解剖論 基礎

解体住宅で学ぶ住宅解剖論 初級


ひとつ先のケアを
はじめませんか

介護が面白くなるセミナー





転ばぬ先のリハビリ相談
訪問型介護予防事業

専門職の実戦セミナー




RehaBank






協力企業・団体

Link


2013.5.5.更新しました。