更新:2016.11.20.印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

特にリハスタッフのいない介護施設で問題となる、拘縮予防。拘縮は関節が硬くなり、痛み、不衛生、褥瘡など日常生活に大きな悪影響を及ぼします。介護現場のみなさんは、以下のことにお困りではないでしょうか?

・目の前の利用者さんの拘縮が進んでいる。どうすればいいの?


関節を壊さないように、拘縮予防はできるの?


・今の忙しい日常業務の中で、拘縮予防はできるの?

 関節拘縮でよく聞かれるのは、『そんなに動かして、骨折しませんか?』ということ。基本をしっかり知り、力の入れ具合いや動かし方を体験すれば関節拘縮への対処もしっかりできます。
 セミナーでは、拘縮の医学的なメカニズムをしっかり押さえ、実技で動かし方の方法をお伝えします。また、セミナー前に、実際の利用者さんで拘縮予防の実技を行い、実施前→実施後の比較をしたり、現場でやり方をお伝えすることもできます。ともかく、この拘縮予防は、医学的な原則を知り、実技で体験し、現場でやってみる。それにより、今の業務の中で無理無くできることがわかります。

1. 関節拘縮を医学的に正しく理解し、安全にできる基本を身につけます。


2. 体を痛めずに関節を動かすコツを、実技を通して理解できます。


3. 日常業務の中で、無理なく拘縮予防ができます。




 関節拘縮の原因は様々。皮膚、関節内、筋肉、痛み・・・。それら医学的なメカニズムを知ることで、どんな状態は、動かしていいのか。どんな状態なら、動かしてはいけないのか。この講義でスッキリ理解して頂きます。下のスライドは一見難しく思えるかもしれませんが、この後の実技でわかりやすく実感して頂きます。

基本的な医学知識を、わかりやすくお伝えします。

関節の構造を知ると、拘縮の原因や種類がわかり、安全につながります。

『へぇ〜』と納得する体の動きを実感します。

体の動きの特性を押さえると、関節拘縮のある方でも痛みを少なく動かすことができます。




 原因がわかれば、技術を学ぶのはスムーズ。体の末端から?中心から?ゆっくり動かす?早く動かす?痛みがあっても我慢してもらうと効果がある?このセミナーを受けた方なら、簡単にこの答えがわかりますよね。私たち、リハビリの専門家が身につけたノウハウをおしげなくお伝えし、皆様の現場で活用して頂く実技をします。

講義で聴いた内容を、実技で実感します。

拘縮予防をするため、実際に体を動かす実技をします。わかりやすいとご好評です。

もちろん、デモンストレーションもします。

参加者同士で実技をして、体で知識と技術を身につけます。その場で疑問を解決します。



 直接関節を動かすことも重要ですが、安楽と活動のメリハリある生活も重要。寝た姿勢のポジショニング、車いすなど起きた姿勢のシーティングがしっかりしていないと拘縮が進んでしまいます。拘縮予防の視点と技術があると、日常業務が一段階レベルアップします。

事例を通して、実際の変化をお見せします。

実際の利用者さんで、実施前→実施後の変化をお見せしました。みなさん、ビックリ!!

面白く、現場で使える技術をお伝えします。

講義+事例+実技で、しっかり頭と体で身につけて頂きます。

今回、講義を聞かせて頂き、『関節を動かすコツ』を知りました。また、拘縮を予防する生活の工夫についても学ばせて頂き、実践可能な知識を教えて頂くことができ、とても役に立つ内容でした。


講演だけでなく、実演をまじえてのセミナーだったので、楽しかったし、頭で想像するのではなく見て理解することができたので、とてもわかりやすかった。


研修会の次の日に学んだことを実践した。5分も経たないうちに、手のひらが広がったのにはびっくり!今後も今回学んだ技術を大いに実践して、拘縮予防軽減に努めていきたいと思う。


時間に追われる毎日だが、実践で学んだことを少しずつでも取り入れ、効果を実感してみたい。

他の入居者様もみて頂き、具体的なケアの方法を教えて頂きたい。職員指導を行って頂き、リハビリの有効的な効果を得て、入居者様の安全、安楽や職員の負担の軽減を目指したい。









ひとつ先のケアを
はじめませんか

介護が面白くなるセミナー





転ばぬ先のリハビリ相談
訪問型介護予防事業

専門職の実戦セミナー




RehaBank






協力企業・団体

Link


2013.5.5.更新しました。